中性脂肪燃焼に効果的なフィットネス

中性脂肪燃焼に効果的なフィットネス

社会人になると健康診断が毎年ある人のほうが多いですよね。身長、体重、体脂肪率など確認する項目はあると思いますが、その次に確認する数値は中性脂肪値ではないでしょうか?

イメージ的に中性脂肪値が高いと、「不健康でだらしない」というイメージがあり、中性脂肪値が高いとあまり人には見せたくないですよね。ただ、年と共になぜか中性脂肪値はどんどん上昇してしまうという。(そんなに不摂生していないはずなのに…)

そこで、中性脂肪値を効果的にさげるフィットネスをご紹介致します。

有酸素運動が結局効率的

中性脂肪というのは、簡単にいうと体の中にある余分な脂肪のことをいいます。脂肪はエネルギーであり、人が生きる為には必要ではありますが、ありすぎると勿論ダメな訳です。 その余分な脂肪を燃焼させる為には、有酸素運動しかありません。ランニング、サイクリング、ウォーキングは有酸素運動の代表的な例ですが、室内でできるもので、ヨガも有酸素運動の一つになります。

体を動かし呼吸を吸ってはいてをゆっくり繰り返すことで、体内の脂肪を燃やすということですね!「めんどくさい…」というのが、本音ではあると思いますが、やらないと中性脂肪は燃えてくれませんよ!少しずつ継続的にやってみるようにしましょう。

併用してより効果的に下げるには?

摂取するエネルギーが、消費するエネルギーを上回った時に、体の中に脂肪として蓄えられてしまうという訳であります。ですので、有酸素運動で消費カロリーを増やしましょうということなのですが、摂取カロリー自体を減らすことも有効な中性脂肪値をさげる対策であると言えます。

摂取カロリーを減らす為には、カロリーの低い食材を知っておくということが重要だと思います。あるサイトに体験談をもとにわかりやすく中性脂肪値を下げる食事対策方法が書かれていました。鶏肉を食べる時は皮を外す、バターやマーガリンではなくファストブレットにする、国産より輸入牛を選ぶ…などなど。目からウロコな食材が紹介されていておもしろかったですw。特に自炊時にはちょっと気にかけるだけで、気軽にチャレンジすることができる方法だと思います。

中性脂肪値が気になる方は、有酸素運動をしながら、食べる食材に気を使い、摂取カロリーと消費カロリーの両軸で対策をするようにしましょう!